EC専用テーマFlatsome

【Flatsome】空白ページからLPランディングページを一瞬で作る方法

投稿日:

こんにちは。

【ワードプレスで最強☆ネットショップを作ろう】のミウラノブヒトです。

今回は空白ページから完成ページを作るまでをご紹介します。

やり方は2通り。

 

1つめは、

ページまるごとレイアウトされたものをインポートする方法。一瞬でページが出来上がります。

2つめは、

ヘッダーもフッターも無いブランクページを用意し、そこへ必要なジャンルごとに用意されたレイアウトをインポートしてく方法。

 

他のページビルダーにも近いものはありますが、FlatsomeのUXビルダーの場合はもう一歩使いやすく出来ています。

たとえばヘッダーを別のものにしたい場合、様々なヘッダーレイアウトが用意されています。

Call To Actionでも、複数レイアウトが用意されています。

テキストボックスという部品は、他のビルダープラグインに当然ありますが、Flatsomeの場合は、テキストボックスのために複数のレイアウトを用意し、そこから選ばせてくれます。

難点があるとすれば、都度都度サプルの画像もインポートされますので、手動でメディアから削除したりと言った手間くらいでしょうか。

動画の方では、ヘッダー、フッターありの空白ページを使っていますが、ヘッダー、フッターのないまっさらなブランクページから、様々なヘッダーを選んでまったく独自のページや、ランディングページを作ることも簡単にできます。

 

 

Flatsomeの場合、

WordPressでページごとに異なるヘッダーも簡単

に作ることが出来ます。

たとえばWordPressでつくったWebサイト内に、イベントごとの複数のランディングページを用意する場合などです。

普通は、必要な数だけheader_1.phpなどheader.phpファイルを用意します。

また他のビルダープラグインも、これが案外面倒だったりします。

面倒すぎるので結局、複数のheader.phpファイルを作ることになります。

 

渡しの場合、商品ごとに特別ページをもたせたかったです。

だから、ヘッダーをページごとに簡単に変更できるという、

この点だけで、Flatsomeを使うきになったといっても過言ではありません。

 

そのくらい便利です。

またそこが、Flatsomeが高額書品向けのネットショップ専用テーマだと思う理由です。

 

ただ若干懸念もあります。

これはFlatsomeの問題ではなくて、WordPressも仕組みからくることなのですが、

固定ページが多すぎると重くなるらしい

ことです。

今は100ページ位では問題ないようですが、固定ページの数が数百になるとわかりません。

なかには固定ページを300ページつくったところで不具合がでたというブログも読んだことがあります。

 

年を押しておきますがこれは固定ページの話です。

Blogページではないです。

投稿記事は数十万件でも問題ないです。

月間数100万PVをさばいているファッション雑誌桂ブログもあります。

投稿記事数は10万に届くとかで、毎日100〜300記事アップしているそうです。

もしかしたら固定ページも100くらいでは問題ないのかもしれません。

 

実際私のネットショップは固定ページが間もなく100になりそうです。

でも問題なく動いています。

これ以上固定ページが劇的に増えることはないので大丈夫そうですが、トラブルあればまたご報告いたします。

 

では今回もご覧いただき、有難うございました。

 

ナニカご不明な点があればお気軽にお尋ねください。

有難うございました、

 

 

-EC専用テーマFlatsome
-,

Copyright© WrodPressで☆最強ネットショップを作ろう! , 2019 All Rights Reserved.