WordPressでつくる海外向けwebサイト

シリコン田舎 公式サイト

Mac

High Sierra クリーンインストールに失敗したあとの復活方法。

更新日:

こんにちは。

快適な High Sierra生活を送っているヒバモンことミウラノブヒト です。

しかし最初、High Sierraのクリーンインストールに失敗しました。

High Sierra の詳しい説明はもうすでに多く書かれているので省きます。

 

もし今、MacOSのHigh Sierraのクリーンインストールに失敗し、

あらゆるバックもなく、

当然Time Machineもなく、

High Sierra インストール用、USBメモリもない!

macOS High Sierraのインストール用USBメディアを作成する方法 - 正式版対応

という状態で、

ただ唯一、インターネットにだけはつながっている。という人が対象です。

ただし、クリーンインストール失敗すると、ネットにもつながっていない状態です。

結論から言うと、High Sierraクリーンインストール失敗後に、ネットにつながっていなくても心配ありません。

あとで、WiFiにつなげるタイミングがやってきます。

そのときに、WiFiのログインパスワードさえ正確にわかれば問題ありません。

 

High Sierraのインストールに失敗するまで

iCloudに必要データをバックアプし、

まずはHigh Sierraを上書きインストール。

当然普通にうまくいきます。

そのあと、再起動し、Command + R を押したまま立ち上げるとこの画面がでます。

 

apple high sierra クリーンインストール

 

ディスクユーティリティをクリック

通常はこれでクリーンインストール完了。

自分の場合はどこでなにがどうなったか

覚えていませんが、インストールに失敗しました。

その時に表示されたワードは覚えていません

何にせよ、MacOSのインストールに失敗しました。

思わずBIOSとか思いましたが、これはMacです。

インターネットと電源さえあれば、問題ありません。

 

HighSierraクリーンインストールに失敗した場合の、(おそらく他のバージョンでも同じ)気をつける点

気をつけるポイントをいくつか書いておきます。

アップルのサイトにもありますが、Command + R で再起動したばあい、ディスクユーティリティでインストールされるOSは、お手持ちのMacを買ったときに、もともと入っていたOSです。

 

だから最初に入っていたOSがヨセミテだと、ひじょーに面倒なインストールを、4回も繰り返さないとなりません。

つまり、もともとのMacOSがヨセミテの場合、ヨセミテがクリーンインストールされます。

そのあとまた command + Rで、次のバージョンのMacOSである、El Captionをクリーンインストールします。

次がSierraです。

そして最後に、High Sierraをクリーンインストールする。

といった流れです。

 

私の場合Macが 2014年モデルだったために、ヨセミテでした。

だから、

・ヨセミテ

・El Capitan

・Sierra

・High Sierra

と、都合4回もインストールを繰り返すことになります。

 

一発で最新OS(この場合 High Sierra)をクリーンインストールするときのコマンドは

Option + Command + R 

これで再起動します。

 

それから、インストール失敗後なのでネットが繋がっていない可能性があります。操作手順はわすれちゃったのですが、WiFiにつないでください。

かなり最初のタイミングで、WiFiにつなぐよーっていう画面が出た気がします。

 

この Option + Command + R キーについては、意外と他で見つからなくて(検索の仕方が悪いのかもしれないが)、結局Appleの公式サイトで知りました。

macOS Sierra: macOS を再インストールする

 

走り書きでしたが、クリーンインストールに失敗してもビビることはない。

かならず最新OSがきれいに入る。

というお話でした。

がんばってくさい。

 

ありがとうございました。

 

-Mac
-,

Copyright© シリコン田舎 公式サイト , 2018 All Rights Reserved.