ネットショップ専用テーマ「Flatsome」 最強ECサイト

WordPressのオンラインショップ専用テーマ「Flatsome」の使い方(1)インストールと準備

更新日:

こんにちは。

シリコン善福寺のミウラノブヒトです。

今日から、Flatsomeの使い方を書いていきます。

Flatsomeってなに?

という方はこちら

WordPress+WooCommerceでECサイトを始める。アメリカで一番売れているネットショップ専用テーマ「Flatsome」のご紹介。

 

全米が泣いた 「ワードプレステーマ」

と、言ってみたいところですが嘘です

でも、

事実

envatoのオンラインショップ部門でダントツ1位のワードプレステーマ

であることは事実です。

 

以下のような個人や企業には、最強のオンラインショップ用ワードプレステーマです。

こんな方におすすめ

  • レンタルサーバーにWordPressをインストールしたことがある。
  • WordPressでブログを書いたことがある。
  • 英語アレルギーではない。

では今回はそのFlatsomeの使い方の1回目。

Envatoでの購入とインストールまで書いてみます。

 

 

WordPressのオンラインショップ用テーマ「Flatsome」とは

flatsome theme

Flatsomeがなにかを簡単に説明すると、

英語圏で一番売れているオンラインショップ用のWordPressテーマです。

詳しくはこちらのエントリーに、Flatsomeがどんなテーマなのかについて書いてありますので、ご確認ください。

「WordPressで、海外向けにECサイトを立ち上げるベストな方法」

 

Flatsome導入までの流れ

step
1

envatoのトップでFlatsomeで検索

step
2

Flatsomeを購入

step
3

Flatsome本体のファイルと、ライセンス用PDFをダウンロード

step
4

WordPressで新規テーマとしてFlatsomeを読み込み&インストール

step
5

ライセンスコードを入力。そのあとオンラインショップのデモデータをインポート

 

こんな流れになっています。

デモデータをいれることで、ダミーのサイトがすぐにできあがります。

そのダミーサイトをいじりながら、Flatsomeにある多くの機能を理解していくことになります。

あとでダミーデータは一括削除できないです。

このテーマにはその機能がまだ無いです。

ローカルかサーバー上に練習用のダミーをつくって、そこで色々調べながら本番をつくるのもよいですが、これもまた一長一短です。

でもダミーデータいらないことには始まらないので、そういう流れで動画も作ってあります。

 

 

WordPressを使用したことのある方でしたら、特に問題なくデモデータ入力まで行くでしょう。

 

ちょっとわかりにくいのは、ライセンスコードがどこにあるかかもしれません。

どこだけ解説しておきます。

 

ダウンロードをクリックしたら

flatsome theme

 

 

下から3番目の、PDFファイル

ココに書かれています。

動画ではこの一連の流れがわかるように、つくったつもりです。

flatsome theme

 

WordPressのオンラインショップ用テーマ「Flatsome」のインストール&デモデータインポートまでの動画

 

今回は動画でしたが、いかがでしたでしょうか。

 

ご指摘、アドバイス、お待ちしております。

どんどんわかりやすいハウツー動画を作っていこうと思います。

 

-ネットショップ専用テーマ「Flatsome」, 最強ECサイト
-, , , , ,

Copyright© ワードプレスで作る☆最強ECサイト:2018年版 , 2018 All Rights Reserved.