ネットショップ専用テーマ「Flatsome」

ネットショップ専用テーマ「Flatsome」とは(動画あり)

更新日:

こんにちは。

三浦です。

 

このブログ。

当初はシリコン田舎という名前でスタート。

現在は「WordPressで☆最強ネットショップを作ろう!」です。

理由は超絶シンプル。

Flatsome(+Wordpress+Woocommerce)が、最高位便利で、クールで、みんなに教えたくなったから。

 

15年間ネットショップを運営してきて、

Flatsomeとの出会いが、ネットショップ人生を変えました。

すでに2年半の利用になりますが、ますます進化しています。

未来のネットショップを感じさせてくれました。

この素晴らしさを分かち合いたい。

ネットショップ仲間を増やしたい。

それで先月からこのブログを

WordPressで☆最強のネットショップを作ろう!

にしました。

FlatsomeはWordPressの上で動きます。

WooCommerceに特化したワードプレステーマです。

英語圏で一番売れています。

2013年、9月のリリースでざっと7万7千ダウンロードです。

1つ6,600円なので、5億円の売上です。

サポート料は半年に3,000円ほどかかりますが、

支払わなくても問題ありません。

2回程度あるアップデートファイルをダウンドーロ出来ないだけで、延々と使い続けられます。

 

Flatsomeとは?の動画を作りました。

これからFlatsomeの使い方を動画で説明していきます。

そのまえに、「Flatsomeとは」という動画を作りました。

Flatsomeのメリット

  • 見事に簡単に、レイアウトを変更できる。
  • iPhoneでパット写真を撮って、パット掲載できる。
  • テンプレートが豊富なので、考えないで良い。
  • 一切コードを書かないで、相当本格的なショップができる。
  • 値段の高い商品を、価値あるものとして見せられる。
  • 文章量の多さ、読ませるショップに最適なテーマ。
  • 直感的な操作と、ストレスのない動き。
  • Webの知識のないスタッフも操作可能。
  • 全米No.1 ネットショップテーマなので、まず開発終了は考えられない。
  • ベースがWordPress+WooCommerceなので、これ以上無い安定感。
  • CSSで縦書きも出来る。
  • 商品ページを作るのが楽しくて、もっと見る人を楽しませたいとモチベーションがあがる。
  • 聞ける人がたくさんいる。

Flatsomeに向かない商品、環境

  • Amazonでもたくさん売っているようなモノの販売
    • これはFlatsomeの問題ではなく、お売りする商品の性質と、お客様の購入の仕方などの要素に関係してきます。
    • 個人的に考えるFlatsomeに向かない商品
      • 生菓子 − やっぱり楽天? minnneや、ハンドメイドアプリでもケーキ販売けっこういけそうです。
      • 電気・電化製品
      • 1,000円以下の商品が20万点以上あるなど。
  • 5万点を超える商品数。多品種、大量販売は、Flatsomeの問題ではなく、WordPressの側の問題で、他の選択肢を探したほうが良いです。
    • 最初の目安は5万点
    • それ以上は無理なのではなくて、WordPress側、サーバー、DB側などへの対処を検討していきます。10万くらいまでは考える余裕があると思います。

まとめ

Flatsomeに向かない商品というのは基本無いです。あればそれはFlatsomeの問題ではなく、いかに早くお客様に知ってもらって、売れるか。という商売上の目的の違いによります。その違いによっては、他のプラットフォーム(モールとかアプリ)を使ったほうが良いです。なので、自社でECサイトをやる場合、アプリも使いながら、WordPress+WooCommerce+Flatsomeというのが理想的です。

Flatsomeのデメリット

率直に言ってありません!

あればそれは、WooCommerceで日本の細かい送料に対応させるのがちょっと面倒だとか、そういう話になります。

なのでFlatsomeを使うことでのデメリットはありません。

商品ページづくりが楽しくて、そこに時間かけちゃうっていうのはあるかもです。

「できるだけ手間かけずにお客様に喜んで頂く、みんなを喜ばせる。」

という観点からも、最高の選択肢だと思っています。

 

まとめ

なお、国産の有料テーマも多少は使ってきました。

どれも素晴らしいテーマですが、

外国産のテーマは基本の発想がちがいますので、国産のテーマのカスタマイズはいくら簡単になったとはいっても、難しい感じです。

やはりゼロ戦かなという感じがします。

 

ゼロ戦は、慣れるのに1000時間の学習時間を要しました。

アメリカはそこに着目して、ゼロ戦を凌駕する飛行機は作れなくても、学習時間を1/10に減らしました。

100時間トレーニングすれば自由に操れる飛行機をつくりました。

マニュアルを用意して、操縦も簡略化しました。

グラマンです。

こうした基本思想が違うので、どちらが良いとは言えないのですが、扱いやすいのはどうしてもこの、合理性を追求したツールになります。

 

Flatsome以外の海外製有料テーマをいくつかもっていますが、どれも国産テーマよりも圧倒的に使いやすいです。

これは思想の違いだと思います。

エンジニアにとっては、国産のテーマもめちゃくちゃ簡単になったと感じますが、ネットショップオーナーとしてはやっぱり国産テーマはその制約を感じます。

でも、カラーミーショップでも、楽天でも、自由に色々やろうとすると自分でHTMLとかCSSとかどうしても必要になってくるので、当然といえば当然なんですけどね。

でもその当然を、完璧に省いてくれたのがFlatsomeです。

だからお勧めしています。

今まである程度ワードプレスのテーマをいじってきた方なら、このFlatsomeの簡単さに驚くことでしょう。

 

そして特にネットショップは、お客様に品物をお売りして、喜んでい叩くことが主軸の仕事です。

ここにもっともリソースを割くには、ホームページで右往左往シている場合ではありません。

最小限の学習時間と、操作で、オリジナルの素晴らしいレイアウト、商品ページを無限に作れて、

なおかつ、ネットショップの運営に、コンテンツの制作に集中させてくれるのが、このFlatsomeというわけです。

 

 

まとめの補足

Flatsomeの問題ではなく、WordPressを選択したことででてくる制約みたいなものもあります。

コンテンツの数、つまり商品数です。

商品数の上限は基本無いのですが、感覚では、商品数1万点以下、商品カテゴリーを階層化したうえで200とか300くらいが管理しやすいのじゃないかと思います。それ以上になりそうな場合は、対処法(いくらでもあります)を検討しながら、WordPress+WooCommerce+Flatsome でスタートすると良いと思います。

参考までに 「WordPressで大規模データを扱うTips

-ネットショップ専用テーマ「Flatsome」
-, ,

Copyright© ワードプレスで作る☆最強ECサイト:2018年版 , 2018 All Rights Reserved.